水田環境鑑定士講習会 水田の公開
米・食味鑑定士とは
 

”稲作を核とした日本文化を守る”

”そして、消費者・流通業者・生産者間の相互信頼を確立する”

 

日本の米市場は今、戦後最大の農業政策の変換により、システムが従来と大きく変化する中で

       「市場のグローバル(国際)化」

       「少子高齢化による、消費量の減少」

       「後継者不足」

       「食糧自給率の低下」

など、多くの問題を抱え、厳しさを一層増す状況です。

そんな中、マスコミになどに於いても、お米の表示の偽装問題などを厳しく取り上げられ、安価なお米が流通する中、消費者の間では・・・

「一体このお米は安心して口に出来るものなのか・・」

と、静かな不安が深まりつつあります。


古来より、日本の気候・風土に合った稲作は里山を育て、仲間との「協調性」「思いやり」「優しさ」などといった日本人の気質を育ててきました。しかし、今、その信頼が揺らぐことにより、受け継がれてきた「水田」「お米」が衰退しつつあり、その事がかえって今までの稲作を継承し、発展させることの重要性を浮き立たせているように感じます。

よって、「米・食味鑑定士協会」では、お米の「食味」「品質」「栽培法」を鑑定し、さらに、協会発行のラベル(名前・鑑定士sり)等を米袋に添付することによって、鑑定士の自己責任を明確にし、お米の品質を保証する資格、及び制度を作ることをかんがえました。

お米の「美味しさ」「品質の違い」と言うものは、やはり目で見ただけでは非常に判りにくく、また、品種はゆうに500種を越えるといわれ、知識を有するものですら、その全てを把握することは難しい状況だと思われます。まして、全く知識のない状態で、”本当に美味しいお米””本当に安全なお米”を見分けるのはかなり難しい状況であると言わざるを得ません。

よって、当協会では、「米・食味鑑定士」を認定するに当たり、講習会を開き協会顧問でもあります、大学教授の先生方および、各種専門家の講義や官能(味覚)審査の勉強・実習を2日間に渡って行っており、その後、官能審査を含むテストを合格された方のみを「米・食味鑑定士」として認定し、お米を格付けするにふさわしい人材の育成を目指しております。

また、日本人にとって、お米の持つ歴史は古く、未だ主食としての役割は大きく、開発も日々進んでいる状況です。よって、米・食味鑑定士協会の役割として、「米・食味鑑定士」のご質問に答えるサポートも行っております。

そして、当協会は、毎年行っております、コンクールでの受賞生産者様や、講演活動やその他の活動において、優良な生産者様と知り合う機会が多く、お問い合わせ内容によりましては、そのような方々と、鑑定士様のご縁を取り持つ事により、鑑定士の方々が美味しいお米を消費者に届けるためのサポートを致しております。

活動内容
 

 

1 食味・品質・栽培法を鑑定士、正しい表示で、消費者を裏切らないお米を市場に提供する。

 

2 生産者に対して、食味と安全性が高く、環境に出来るだけ負荷をかけない栽培法を確立することを求め、消費者のニーズにあった米作りを行い、商品性をさらに向上させる。

 

3 お米の価値を鑑定することにより、米の価格を適正なものとすると共に、自己責任を明確にすることで、消費者が安心してお米を選べるものとする。

 

4 日々、お米や産地に関心を持ち、食味審査や産地訪問などにより、お米に対する知識を深め、又、その知識を公開し、開示することにより、お米の信頼性を高め、消費の拡大を目指す。

 

5 「米・食味鑑定士」の資格を取得されている方々

・こだわりのお米の生産者の方々

 ・こだわりのお米を流通販売されている方々

 ・デパートをはじめとする大手販売店の方々

 ・通販会社などの営業の方々

 ・環境を保護する活動を行っている大手企業の社員の方々

 ・日本の美しい風景や、棚田、里山を守る活動をされている方々

 

メリット
 

1 鑑定士ラベルを使用していただけます。

 (ラベルを使用していただくことにより、お米の付加価値を高 めて頂けます。

2 資格を取得することにより、「米・食味鑑定士」の名称を使用し、活動を行って頂けます。

(ラベルの他、のぼり・看板・名刺への名称の使用を許可しこれを推奨しております。但し、ラベル・のぼり・看板などは、不正表示防止のため、協会推奨の物をご使用いただくことになります。


3 お米の食味と共に”お米を育てている地域””生産者の姿”

”姿勢”を消費者に届けることにより、美味しく・安全なお米を

新しい「お米ブランド」として、大きく育てて行くことが出来ます。

4 「全国 米・食味分析鑑定コンクール」におきまして、出品検体料金の割引が受けられるほか、審査員として優先的に登録できます。(事前予約制)


また、これ以外にも「米・食味鑑定士」と言われる方々の活動の幅は広がっており、一流企業の製品開発や、各地コンクールでの審査員及び雑誌やマスコミでのコメントなど、その活躍は多岐に渡っております。

 

米・食味鑑定士とは
 

ここまで読んで頂いた方にはもうお分かり頂けたかと思いますが、「水田環境鑑定士」とは、日本の食文化を守り、昔から気付き上げてきた水田・稲作を守り、米の食味や栽培方法を確認し、ラベルその他に於いて自己責任を明確にすることにより、、一層の品質の向上を促進し、価格と品質のバランスの取れた信憑性の高い”安心で美味しいお米”を消費者に提供することなどを目的とした資格です。

また、新しい米市場において、お米の品質を鑑定する資格として、各種マスコミの関心も高く、「鑑定されたお米」「生産者様」また、「鑑定士様」についてのお問合せや、紹介の依頼が非常に多い資格でもあります。

 一例

 ・日本農業新聞

 ・商経アドバイス

 ・米穀新聞

 ・朝日新聞

 ・読売新聞

 他・テレビ番組等

等、多数メディアに記事として、また、新しい取り組みとして注目され、紹介されております。





 米・食味鑑定士になるには・・講習会の御案内

 

 


米・食味鑑定士協会
お米のソムリエ

米食味鑑定士とは
鑑定士になるには
お米のコンクール
鑑定士リンク
水田環境鑑定士

産地を鑑定します
資格講習会
水田環境公開
 
お米アラカルト

日本農業を支援しよう!
ご飯を炊くコツ
ご飯の食味
ご飯と健康
品種の話
 
お米のソムリエ

概要
事業内容
協会のこれから
年間行事
販促資材
協会役員・講師
お問い合わせ