すし米コンテスト審査

 

・審査機器

検査機器

 

・審査について

   白飯・すし飯(審査のための炊飯について)

白米・すし飯

 

  審査項目           

※表1「評価項目抜粋」  ○が検査(数値) −が検査なし(数値なし)
検査測定
玄 米
(A)
精 米
(B)
白 飯
(C)
すし飯
(D)
良質粒率
白度
千粒重
含水率(%)(白飯)
タンパク質
食味値
アミロース
含水率
倍率
白飯
すし飯
租しゃく
硬さ
粘り
硬度
初期破断
格 付

 

  審査基準

※表2「すし米商品から見た各項目の総合観察の最良値」
表1のすべての数値(縦の列を加算し算出)
各項目の最良値
@(手)
A(手)
B(手)
C(機械)
D(機械)
E(機械)
握りすし
持ち帰りすし
祭りすし
包装すし
押しすし
回転すし
玄米(A)
155.1
155.1
155.3
155.3
150.45
148.9
白米(B)
222.3
222.3
220.1
220.1
215.63
213.41
白飯(C)
59.73
59.73
59.13
59.13
57.99
57.34
すし飯(D)
157.72
157.72
156.14
156.14
152.99
151.41
合計
594.85
594.85
588.87
588.87
577.06
571.06
÷4
148.71
148.71
147.22
147.22
144.27
142.77

 

※表3「すし米商品総合観察評価:ランク付平均値」
  握りすし 持ち帰りすし 祭りすし 包装すし 押しすし 回転すし
オーバー
(白飯)
148.72以上 148.72以上 147.23以上 147.23以上 144.28以上 142.86以上
特A 144.25〜
 148.71
144.25〜
 148.71
142.80〜
 147.22
142.80〜
 147.22
139.94〜
 144.27
138.56〜
 142.85
139.79〜
 144.24
139.79〜
 144.24
138.39〜
 142.79
138.39〜
 142.79
135.61〜
 139.93
134.28〜
 138.55
A’ 133.84〜
 139.78
133.84〜
 139.78
132.50〜
 138.38
132.50〜
 138.38
129.84〜
 135.60
128.57〜
 134.27
126.40〜
 133.83
126.40〜
 133.83
125.14〜
 132.49
125.14〜
 132.49
122.63〜
 129.83
121.42〜
 128.56
B’ 118.97〜
 126.39
118.97〜
 126.39
117.78〜
 125.13
117.78〜
 125.13
115.42〜
 122.62
114.28〜
 121.41
基準外 118.96以下 118.96以下 117.77以下 117.77以下 115.41以下 114.27以下

 

  審査機器を使用し、審査項目より、表1(評価項目抜粋)の検査を行い

   玄米(A)+精米(B)+白飯(C)+すし飯(D)÷4 で総合観察(評価基準)
   を算定する。
   その結果を、表3「すし米商品総合観察評価」に照らし合わせて、ランクを算出

 

 

・各賞の選定基準 

・すし米大賞
特Aランクを(握りすし・持ち帰りすし・祭りすし・包装すし・押しすし・回転すし)の
中から、4項目以上取得し、さらに、数値が高い6名を受賞といたしました。

握りすし・持ち帰りすし・祭りすし・包装すしはそれぞれ、握りすしと持ち帰りすしが
144.25〜148.71」が特Aとなり、祭りすしと包装すしが「142.80〜147.22」が特Aと
なり、押しすしが「139.94〜144.27」特Aとなり、回転すしが「138.56〜142.85」が特A
となります、したがって、144.25〜147.22の数値の方が、4項目以上の特Aを取得
された事となる為、その数値に該当する方の中から、上位6名を「すし米大賞」と決定
いたしました。

尚、4項目以上での特A所得が条件となりますので、

 (例として)
  1人の方が複数出品された場合、出品検体A、出品検体B、として、出品検体Aの方
  が数値が高い場合でも、その点数が、144.23〜148.71に当てはまる場合、2項目の
  みの特Aとなり(但し、点数が高い為、特Aランク賞の受賞はありうる) 出品検体B
  が144.25〜147.22の数値であった場合、出品検体Bが受賞対象となります。
  その為、出品検体Aが特Aランク賞2項目受賞、出品検体Bが特Aランク賞2項目受
  賞、すし米大賞を出品検体Bが受賞ということが有ります。

 

・すし米特別賞

 特Aオーバーよりすし米特別賞について
今大会では、特Aオーバーが4点ございました。オーバーの最大の理由は、白米のタン
パク質の数値です。白米含水率が低く、粘りを増長する要因を含んでおりました。また、
玄米と白米の審査では、すし米適性のない項目が3、4点重なっておりましたが、その中
でも、 石井稔様の出品検体は、タンパク質以外の項目で、最良のすし米適性を示しまし
た。まさに稲作の見本としても参考になるすし米品質との判断から、すし米特別賞に選定
致しました。



 

  

・特Aランク賞

第1回

 各項目の特Aの数値に当てはまる方より、上位10名(合計60名)を特Aランク賞と
致しました。

 

第2回

 各項目の特Aの数値に、3項目以上当てはまった方を特Aランク賞と致します。

 

・入賞者

加水率を95%に減らしても、白米と同等の炊き上がり重量を示し、粘りが高く高い数値
を示します。