Premium Licence Club とは?

Premium Licence Club(プレミアムライセンスクラブ) とは?


お米の判定でよく耳にする”1等米”これとグットファーマーって何が違うの?

普段スーパーでお米を購入している人なら、分からなくても当然です。

”1等米”が選別される等級検査は 整粒歩合の検査をさします。つまり、一定量の玄米の中でどれだけお米の形が整っているか。その割合によって、等級が決められていくものです。

そして、その方法は、検査官の”目視検査”によって行われます。つまり”味覚”に対する検査は行われていないのです。

 

それに対し、米・食味鑑定士協会が毎年行っている「米・食味分析鑑定コンクール」は、1次審査で静岡製機の食味計、2次審査で東洋精米機の味度計、本戦となる3次審査では、実際に炊飯し審査員の味覚による投票と、徹底的に”味”にこだわった審査を行っているのです。

 

しかし・・コンクール本選(3次審査)に残れるのは約100名の狭き門です。(農業高校を除く)

 

そこで誕生したのが、プレミアムライセンスクラブ&グットファーマー認定です。

 

2次審査で使用する東洋精米機の味度計は、0.1の誤差まで測定できる精密機器です。それによって、ほんの少しの数値の差で、3次審査に進めない良食味のお米が毎年、数百検体も生まれてしまう。

それは、良食味なお米を広く消費者に知って頂きたいと願う、コンクールの趣旨とは矛盾する出来事でもあります。

          コンクールの審査方法は・・<<コチラ

よって、その矛盾を解消し、また、日々、良質で美味しいお米の生産に精進されておられる生産者の皆様と消費者の方々を結び付けるシステムとして、プレミアムライセンスクラブ&グットファーマー認定を開設する事と致しました。


どうして170点が基準なの?

米・食味分析鑑定コンクールの2次審査への進出基準が1次審査85点以上と定められているからです

170-85=85 つまり、2次審査(味度審査)においても85点以上の数値が出るお米は、十分に美味しいお米であると弊会が考えているからです。

第13回コンクール出品総数中でも170点に達するのは
721検体502名のみです。

 

 


お店でグットファーマーを見つけるにはどうしたらいい?

<<こちらのラベルを探して下さい

<<こちらのリンクをご確認ください。

 


米・食味鑑定士協会

〒557-0054
大阪府大阪市淀川区西中島
3-12-15-203
TEL 06-6100-1151
FAX 06-6100-1150

 

第14回 
米・食味分析鑑定
コンクール 国際大会