米・食味分析鑑定コンクールとは

 米・食味分析鑑定コンクールとは、米・食味鑑定士協会が2000年(平成12年)より行っている "お米のコンクール” です。
 2000年頃、未だお米の検査と言えば、「等級検査」のみが主流であった頃から、お米の食味にこだわり、また、衰退しつつあった「地方・農業・稲作の復興」を後押しするべく始まったコンクールです。
  第1回は100検体に満たない出品数で始まりましたが、昨年群馬県川場村にて開催され今や、国内最大を誇るコンクールへと成長しました。
  また、第10回コンクールより、国際大会へと成長し、コンクールにて受賞されました皆様は、国内はもとより海外でも高い評価を得ています。 

 

コンクール受賞者・受賞米 に贈られる証

表彰状
金賞・特別優秀賞共に全ての受賞者に授与されます


金賞・特別優秀賞共に全ての受賞者に授与されます

コンクール受賞者・受賞米 を探すなら

米・食味鑑定士協会認定の米袋 極献上が目印
この米袋に記載されている受賞歴は全て確認済みです

このラベルが証です

ダイヤモンド褒賞とは

このラベルが証です。

ダイアモンド褒賞とは、5回連続のコンクール入賞と3回以上の総合部門金賞を果たされた生産者に贈られるものです。また、受賞者には、無農薬米の生産と、後進者の育成への努力等様々な条件があります。

プレミアムライセンスクラブ・グットファーマー認定とは

 

プレミアムライセンスクラブとは、第13回 コンクールより始まった制度で、コンクール審査において、1次・2次の合計が170点以上の生産者のみが加入出来るクラブで、クラブ入会の生産者様をHPにて公表しております。

プレミアムライセンスクラブ・グットファーマーの
検索は<<<コチラ